ガラクタ

おまけ

え~、98kさんをパクって、おまけライターシリーズ。

まず一つ目。

d44f3795.jpg


マールボロの3個パックについてきた、「革巻き」の一見
レトロなライターです。
オイルじゃなく、ガス。ガスの補給もできます。
着火は圧電式ではなく、フリントなのですが、そのフリントの
交換の仕方が分かりません・・・・。やはり、使い捨てか。
革巻きの質感は大変よろしいです。ううっ、なんとかフリントを。


二つ目

d8cc3b0b.jpg


ラッキーストライク2個パックのおまけ。
圧電式のガスライターで、ガスの補給もできます。
色は各種あったようなのですが、2種類しか残っていませんでした。
確か、cinqさんとこの記事のお写真にも、これが写ってたような。

小さくて携帯にも便利。使えますね。


三つ目

14a2d5c1.jpg


何のおまけだったか忘れてしまった、ターボライター。
ターボの具合は大変よく、強風下でも問題なく使えます。
キャンプに便利かな。ガス補充も可。

というわけで、昨今のおまけライターの進歩には驚かされます。

おまけの域を超えた使えるライターが多いです。デザインもなかなか。

ただ、タバコをすえる場所がどんどん減っていて、これらのライターを
使う機会も減っていますね。

先日、地元選出の市議会議員さんのHPを覗いていたら、議会の質問で
市役所庁内の全面禁煙化について、「自分は愛煙家であり、愛煙家は
多額の税の貢献もしているのだから、喫煙場所の設置についてご一考
願いたい。」という趣旨の発言をしておられまして、同じ愛煙家としては
苦笑いせざるをえませんでした。

目下、外出時などは、喫煙場所を見つけると嬉しくてつい2~3本吸い溜め
をしてしまうワタクシであります。

Zippo

え~、おなじみ、ジッポーであります。

6c89fdc1.jpg



ジッポーやマッチでつけると、タバコがうまいのであります。

特に最初の一吸いがうまいですね。炎の温度がガスライターより

低いので、タバコの葉が燃え過ぎないからではないかと、勝手に

分析しております。

で、こちら。

スターリングシルバーです。ニャん丸さんのと違って、プレーンですね。

いい具合に黒ずんでます。え?汚いだけですって?


58da7e96.jpg



次はカモ柄。


ed3a42a9.jpg


えへへ、98Kさん、いいでしょ。今度、持参しますので、

よろしければお使いください。

このジッポーというやつ、よくなくすんですよね~。

わたくし、学生時代から、かるく20個は買っているような。

上の二つは、奇跡的に残っているものであります。


業務連絡

「インディアン嘘つかないさん」、書込み禁止を解除しました。

よろしければ、いつでもどうぞ。

カニ

え~、川端さんちで、なにやら楽しそうな工作。

で、「カニ目回し」という工具のご紹介。

0677fc6b.jpg


カメラのレンズや各種レバーの軸などに使われている
「カニ目」を回す工具です。

ビット部の拡大。

ba99f723.jpg


もう一つ。

d44f4b32.jpg


こんな感じなんですが、これ、ライトの締め込みリングを回すのにも
使えます。

しかし、「壱式」さんは小さすぎて、ビットの根元が干渉するので
中まで届きません。


そこで、

01a6dc78.jpg


安物のスナップリングプライヤーです。
川端さんが、MODした工具の先端部とそっくりな形状になっています。
何しろ、あちらはお手製のMODですが、私のは出来合いの品物。
格が違います。

使うときはこんな具合。写真が「とび」気味ですが、ご容赦。

d965f19d.jpg


で、皆さんが待ってらっしゃるのと(たぶん)同じものが
ワタクシのところにも。

無事に装着できました。わ~い。

双眼鏡

98Kさんや、ニャん丸さんの記事をパクって
ビノキュラーの記事を・・・・と思ったのですが、
しまい込んだ双眼鏡が行方不明・・・・。

今日、ひょんなことから発見しましたので、
早速ご紹介にっこり

75f0085f.jpg


ニコンであります。
ラバーコーティングの、防水タイプであります。
う、あちこちホコリがついてるなあショック

で、

bf7f7809.jpg


8×30、7.5°であります。
一番使いやすいタイプですね。
左右それぞれで視度調整ができるので、左右で視力がぜんぜん違う
ワタクシにはぴったりであります。
でも、ラバーコーティングの分、大きくて重いのであります。
8×25の軽いタイプもあったのですが、行方不明。
まったく整理がなっていないのであります困った

で、おまけ。

3970a12f.jpg


鳥さんを眺めに行くときに使ってた「カモ柄」の帽子であります。
わっはっはっ!

米国製。ゴアテックス素材にシンサレートがインサートされている
ハイテク帽子なのであります。(古いけど・・・・にっこり。)

あったかくなってきたし、鳥さん見に行こうかなあ。でも、田舎なので
座敷からメジロさんが観察できるのであります・・・・。

recon

ちょっと時間が経ってしまいましたが、愛読させていただいている
98Kさんのブログに、「ぶるじょわリーコンめっ!」というコメント
ありました笑い

リーコン、すなわちReconであります。レコンではありません。
もちろん、レンコンとはまったく違います困った

アメリカ海兵隊の強行偵察部隊ですね、これが Force Recon なのであります。
そうか、リオさんって海兵隊員だったんですね。道理で屈強なはずであります。にっこり

で、リーコンつながり。
コールドスチールの「リーコン・スカウト」であります。

ちなみに、Recon は reconnaissance:「偵察隊」から出た言葉らしく、
scout は「偵察兵」ですから、これって「偵察隊の偵察兵」という重言なの
かしらん。(この部分、ちょっと気になって、後から補足しました。)

e60f8696.jpg


中身は・・・・、

65109fc5.jpg


ワタクシのナイフの中で二番目にでかいものであります。

ほんとは「トレイルマスター」が欲しかったのですが、
カーボンVスチール製の製品が品薄で、「サンマイ」などという
ステンレス鋼材製のものばかりになっているなあ、と思ううちに、
カーボンV製品の製造中止がうわさになり始めたのであります怒り

この「リーコン・スカウト」は「トレイルマスター」の短縮版らしい
のでありますが、カーボンV製のものがお安く出ているのを発見。
速攻ポチしたのであります。

ちなみにカーボンVスチールというのは、コールドスチール社独特の
鋼材で、ステンレスではなく高炭素鋼の一種であります。めちゃくちゃ
丈夫な上に、刃付きも良い、研ぎなおしも楽という理想的な鋼材なのです
が・・・・、錆びます・・・・。

このリーコン・スカウトの真っ黒けなコーティングは、反射よけという意味
以外に、錆び防止の意味が大きいようであります。

で、このナイフ、6ミリはあろうという分厚いブレードにすばらしく良く
切れる刃付けがなされております。
こんな分厚くでかいナイフなのに、たまねぎのみじん切りができるので
ありますにっこり

でも、大きすぎます!キャンプなどでも使える状況は思いつきません。
うん、やっぱり観賞用ですね・・・・。
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ