昨日、珍しいものを目撃。

午後5時半ころ、ふと窓の外を見るとこんなものが(下)。

ちょうど来客の応接があったので、済んでからカメラを

もって戻ると、ざ~んねん!消えていました。

でも、地元気象台の写真があったので、転載。

6638d230.jpg


「漏斗雲」というのだそうです。

積乱雲が発達するときに、雲から吹き出した下降気流が渦巻いて

こういう形の雲を作るのだとか。

これが地上に届くと「竜巻」になるんですね。

つまり、これは竜巻の子どもと言うことです。

昨日の夕方は、当地上空のあちこちに小規模な

積乱雲が発生していました。雷雨にはならなかったの

ですが、珍しいものを見せてくれました。