二日酔いの猫さんから、またまたアルコールストーブを頂きました。

とりあえず、最終形ということです。

(でも、また次々に新しいアイディアが出てくることでしょう。間違いない!)

7a204663.jpg


後ろの方になにやら「部品」が。

で、組み上げると・・・・

4626dca8.jpg


すごい。安定感を増すための「スカート」と「五徳」が一体になっています。

五徳は風防も兼ねていますね。

bfbaff4c.jpg


たたむと、メスティン(小)にすっぽり入ります。

30717558.jpg


もう一つリング状の部品がこれ。「ブースター」です。

まだ実験はしていないのですが、火力が相当増すそうです。

で、今までいただいたアルコールストーブ勢ぞろい!

01e26186.jpg


すごいなあ、ちょっとしたアルコールストーブコレクター。他力本願

何しろ軽量小型、それに火力も結構強い。以前の記事にあるようにご飯も

簡単に炊けます。

二日酔いの猫さん、ありがとうございます!

(こればっかり。他力本願もいい加減にしませう。)

さて、せっかくですから、アルコールストーブを使ったメスティン炊飯に

ついて、私なりのノウハウを・・・・。

?ガスなどのバーナーと違って火力調節ができません。一気に炊き上げる感じに

なります。そこで、お米にしっかり水を吸わせませう。最低20分、冬場なら

30分は欲しいところです。

?結構吹きこぼれますので、水はやや多め。

?ガスなどと違って、アルコールの火は「柔らかい」感じでメスティン(小)

なら全体にうまく火力が回ってくれます。とはいっても、そこは直火。それに

メスティンなどのクッカーは底が薄い。ちょっと油断すると焦げます。吹き

こぼれなくなったらじっと耳を澄まし、ピチッという音が2~3回聞こえたら

火から下ろしましょう。あとは「蒸らし」。飯ごうなどで蒸らすとき、上下を

逆さまにする人がいますが、ワタクシはやりません。逆さまにすると、蒸気の逃げ道

がなくなって、べちゃっとしたご飯になります。適当に蒸気を逃がしてやることで

お米の粒がたった、「かに穴」のある美味しいご飯ができます。

以上です。

皆さんもお試しください。にっこり