チープ!

ナイフシリーズ第2弾!

前回、ウィリアム・ヘンリーなんて言う分不相応なものを紹介して、

非難囂々、誹謗中傷、悪口雑言、罵詈讒謗

の数々を頂きましたので、今回は、身分相応に・・・・。

なんと、某隣国製の、ちょー安物ナイフであります。

9f094347.jpg

e3a99b1b.jpg


手前、オークションにて1k円。生意気にベンチメイドのAxisロックと似た機構を持っております。でも、キックの部分の設計がいい加減で、ブレードを収納するとハンドルのコラムにエッジが当たってしまうのであります。エッジのキズはだんだん大きくなっていきますので、開閉しているウチに、セレーションのギザギザが一つ増えてしまうと言う優れものであります。

奥、黒い方。ハンドルはプラ。ブレードは正体不明のいかにも安っぽいステンレス。ライナーロックなんですが、ライナーはどう見ても、ただの「鉄板」であります。しかしながら、特筆すべきはそのお値段!なんと某○Dワールドさん(○は全然伏せ字になっておりません!)で294円!「にせんきゅうひゃくよんじゅうえん」ではありません!「にひゃくきゅうじゅうよえん」なのであります。(もうカタログ落ちしているようですが。)

両方とも、竹とんぼを作るとか、ロープを切断する(細いのね、)くらいの仕事はちゃんとこなします。ロックのがたつきも少ないし、一応使えるナイフと言うことにしておきましょう。
でも、これでハードな作業をするとしたら、ナイフそのものがボキッといきそうで、少々恐いのであります。そういう意味では、「観賞用」かな、やっぱり。

ミニ三脚

ニャん丸さんのブログのパクリであります。

スリックのミニプロ。古いモデルかな?

ffa858da.jpg


で、これだけでは、古いマーケットの名が泣く、と言うことで、
なんと、昭和42年頃のミニ三脚であります。
ヤシカエレクトロ35のオプション製品で、本体はとうになくなって
いますが、便利なので、これだけが今まで生き残りました。
なんと、ドイツ製の刻印があります!

05acca71.jpg


で、脚をねじってはずします。

e3182f90.jpg


本体に収納

2b92e128.jpg


ねじ込むと一本の棒になり、非常にコンパクトです。

64ee0ec0.jpg


小さくて便利なんですが、一眼レフには不安定で使えません。
胸に当てて、手ぶれを抑える「結婚式スペシャル」の使い方では
足が細くて、食い込んで痛いです。
でも、貴重な「生き残り」なんで、結構愛着あります。

言葉って難しい

最近見かけて、吹き出した表現。

豪華粗品差し上げます!

ヲイヲイ、豪華な「粗品」ってのはいったい・・・・。

以前、ある式典会場で、主催者代表の挨拶・・・・。

ご来賓の皆様には、過分なる御「寸志」まで頂き、誠にありがとうございます!

う~ん、りきんで言うと、ますます深みにはまりますよ。

こういうのは、「謙譲表現」を「丁寧な言葉遣い」だと勘違いすることから起こるのでしょうが、気をつけないと自分でも何か似たことをやってしまいそうですね。
言葉遣いにうるさい中高年って、結構いるみたいですから、気をつけないと・・・・。

で、唐突ですが、ワタクシのガラクタ紹介第1弾!ナイフであります。

見栄っぱりのワタクシは、持っているなかで一番高いモノをまず最初に。

033f58d4.jpg


ウィリアム・ヘンリーのB12であります。
スタイル、仕上げ、開閉のスムーズさ、文句のつけようがありません。
お値段以外は・・・困った

ここの製品は、ハンドルにマザーオブパールとかのオンレイを施したゲージツヒンが多いのでありますが、ワタクシは実用性を重視して、プレーンのハンドルであります。でも、リオさ~ん。このハンドル、チタンですよ~。

ブレードはZDP189。最新、最強のナイフ用鋼材であります。
しゃれた革ケース付き。
切れ味の方は左手に持った、A4PPC用紙に軽く当てていくと、ソーメンのように切れます。

でもねえ、このナイフ、実用にはもったいなくて・・・。(さっき実用性重視といった舌の根も乾かないうちに、申し訳ない。)
まだ、紙しか切ったことありません。
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ