安全?

運動会シーズン。

そこで、運動会と安全、その1

下の子が今春、小学校を卒業したので、小学校の運動会とは
縁が切れたのですが・・・・。

小学校の運動会、花形は小6のスタンツ。(地域によっては
「組み体操」と言ったりしますね。学校用語は、けっこう
「方言」があって、こちらでは、「かけっこ」のことを「徒歩
競走」と言ったりします。)

で、近所の小6の子。好天続きの中の練習で、日に日に黒く
なっていきます。体の大きい子なので、
「ピラミッドは一番下?」
と聞くと、その通りだと。
「つぶれるときに痛くない?」
と社交辞令を言うおじさん。
そしたら、驚愕の返事・・・・。
「いや、上から順に 降りる から、大丈夫だよ。」

上の子から、通算8年間スタンツを見続けて、年々「技」の
難易度が落ちているのに、「う~ん。」だったんですが、
今年はとうとう、そこまで・・・・。

確かに、子どもがケガでもしたら、うるさい親もいますけどね。

で、日焼けや熱中症への対策はおざなり。
強い日差しのもと、日よけもない応援席に長時間座らせたり、
日焼けを嫌う女の子がタオルを頭からかぶっていると怒られ
たり。
なんか違う・・・・。
捻挫や骨折は治るけど、熱中症は死ぬことだってあるんだよ。
日焼けが元で、将来皮膚ガンが多発したらどうするの?

その2

下の子の中学の運動会。
全学年の男子全員で、騎馬戦があります。運動会のフィナーレ。
上半身裸で勇ましい。今時、珍しいですね。

で、開戦。
始まってすぐに、あちこちから先生の笛が響きます。
息子の組が敵の大将の帽子を取って、引き上げてくるのですが、
なんか、様子が変。嬉しそうじゃない。

その後、先生がマイクをとって、勝負無効の宣言。

反則行為があったのだとか。

聞いてみると、敵の帽子以外に触れるような攻撃の仕方、
例えば体を押す、振り上げた手が相手に当たる等は、
わざとかどうかを問わず、全て反則なのだそうで。
「馬」も、故意に相手にぶつかったりすると反則・・・・。

見かけ倒し!!

ここにも、安全オバケがいました。

今頃

台風13号が通過して10日。

ワタクシの仕事場のある三階建てのビル、取り立てて被害もなく、良かったと思っていたのですが・・・・。

今朝になって、ビルのオーナーがたずねてきて、おっしゃるには、
「屋上が相当痛んでいる。屋根部分がかなり破損し、屋上の床の防水ゴムもあちこちで削り取られている。工事をしますので、ご迷惑でしょうがよろしく。」と言うことでした。

普段は施錠されていて立ち入れないのですが、このビル、屋上には「飾り」の三角屋根の部分と、エアコン室外機などを設置する「屋上部分」とがあって、屋上部分はゴムシートで防水した上に耐水コンクリートを敷き詰めた仕様になっています。
台風の飛来物が、それらを破壊していったんですね。

風が一番激しかったときの風上、南西方向に100mも離れていないところで、建設会社のプレハブ事務所が根こそぎ吹き飛び、電信柱二本に激突して根本からへし折るという被害がありました。
多分、そこから建材などが飛んできたんですね。

ウチの事務所、南西方向に窓が何枚もあるんですが、無事だったのは奇跡的ということでしょうか。

今さらながら、今回の台風の猛烈さを感じたことでした。

防災

最近、愛読ブログのいくつかで、「防災」がテーマになっています。

そこで、防災用(非常時用)ナイフ。

といっても、マルチツールプライヤーやスイスアーミー・ナイフは
ありきたりですので、ちょっと変わった2本を。



d507c814.jpg



写真向かって右(小さい方)


なんということもなく、オークションで手に入れたものです。
バックのEcco 2.25 です。

通常のブレードと、セレーションブレードが2本セットで組み込まれ、
オープン時にはそれぞれライナーロックで固定できます。

ナイフは緊急時に使用範囲の広いものだと思います。最近はやりのタクティカルナイフ、
ハーフ・セレーションのブレードは、ロープなどの切断等には有効だと思います。
でも、例えば調理にはセレーションがじゃまになることもありますね。

実際には、調理とか、布を引き裂いて包帯代わりを作るとか、食品のパックを切り開くとか、
そういう状況が多いと思いますので、プレーンのブレードの方が使いやすいでしょう。
でも、セレーションブレードの「切断力」もいざというときは頼りになりそう・・・・。

その点、このナイフは、セレーションブレードと通常のブレードが別々に
なっていますので、使い勝手も宜しいかと。
セレーションブレードは、先が丸いシープフット型ですので、負傷者の衣服を切り裂く
なんていう緊迫の場面で、負傷者の方を切ってしまって怒られる心配もありません。

同じシリーズにEcco 3.0 という、ちょっとだけ大きいモデルもあります。



474f9412.jpg



写真向かって左(大きい方)
味を占めたワタクシは、同じようなナイフで、もうちょっとしっかりしたものを
購入しました。
バックのCode3 CrossLock であります。
名前からして、非常事態っぽいのであります。

Ecco 2.25のハンドルがザイテル(樹脂)なのに対して、こちらは頑丈なアルミ
合金製です。ブレードも大きく厚みがあり、ロックもしっかりしています。
ケースもついているので携帯も安心。ただし、Ecco 2.25より大きく重く、
お値段も3倍くらい・・・・。

こちらは、レスキュー関係者の使用を想定しているらしく、ハンドルにある
マークは、その関係のシンボルマークだという説明をどこかで読んだのですが、
詳細は失念しました・・・・。

これらのナイフ、キャンプの調理にも役立ちます。通常のブレードは
野菜や魚、または肉の薄切りに、セレーションブレードはかたまり肉の
引き切り、特にスジの多いお安い肉に向いています。

ただし、Code3の方は、レスキュー用らしくセレーションブレードの先1cmほど
フラットになった部分には刃がついていません。負傷者の衣服を切るときの
安全性ですかね。その分、調理で肉を引き切るときには使いにくいです。
ま、研いで刃をつければ良いことですが。



livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ